前回の記事 ⇒ 無料ブログにおけるping送信の注意点

 

では、もう一つの方法とは?

 

それは『外部からping送信する』です。

 

 

ping送信サービスというものがあります。

無料のものから有料のものまであります。

 

 

運営しているブログの数が少ないのであれば、無料のものでも十分かもしれません。

(例:ping太郎 http://ping-taro.com/)

 

 

数が多い場合やより効果の高いping送信を求めるのであれば、

有料のサービスがとても効果的だと思っています。

 

 

サーバー設置型のものも使いましたが、

一番効果を感じているのがこちらのサービス。

RTC-ping送信サービス

 

費用がかかりますが、効果は相当なものです。

 

ブログのURLを登録するだけで、

記事を書く度に自動で、シッカリたくさんpingを送信してくれます。

 

毎日投稿している場合には、日が経つにつれ差が大きくなります。

 

 

■特に有効なケース

1日に5記事~10記事とか、

頻繁に記事を更新していくトレンドアフィリに取り組んでいる方。

 

 

 

サーバー設置型のものって、

買い切りで一旦買ったらずっと使えるのが最大のメリットです。

 

ただ、設置等の難しさもあり、初心者には難しい部分もあります。

ですが、数多く量産する場合、圧倒的にサーバー設置型の方が便利です。

 

 

 

─────────────────────

・少数精鋭で記事をたくさん入れていくブログは、RTC-ping送信サービス

・たくさん量産していく場合は、サーバー設置型のping送信ツール

─────────────────────

 

という選び方がいいと思っています。

 

 

 

サーバー設置型のping送信ツールのオススメは特にありません(汗

 

ミヤビが愛用しているものは既に販売終了しているんです。。。

他のモノは使っていないので何とも言えないという状況です。

 

 

ping送信をないがしろにしているサイトアフィリエイターって少なくないです。

=なので、ここから差別化が図れます。

 

 

ping送信は、アクセスアップのためには重要なポイントですので、

きっちりカバーしていきましょう!