量質転化(りょうしつてんか)の法則

って、ご存じですか?

 

「量的な変化が大きくなると、質そのものが変化すること」

 

 

よく言われますよね、「数は質を凌駕する」って。

 

 

 

私もサイトアフィリを始めた時は、

「とにかく数をこなそう!」と決めて取り組みました。

 

量質転化の法則とか意識せず

(というか、知らなかった。笑)

 

 

単純に、

「センスがあろうがなかろうが、数やったほうが稼げるぢゃん!」

という思考でした。

 

 

割と多いのが、

最初っから質にとらわれるってケースです。

=(未熟な状態なのに)完成品を生み出そうとする。

 

 

そもそもサイト作りにゴールとかって無いわけで、

となると、永久に試作品な訳です。

 

ただ、試作品を大量に作っていくことで、

欠陥に気づき、修正点が見え、

ドンドン改良されて行くわけですよね。

 

 

これが量質転化の法則の言わんとすること

かと思っております。

 

 

なんか法則とかって言われると小難しい感じですが、

誰しも体験していることなんですよね。

 

 

幼き頃が一番多いと思うんですが、

赤ちゃん時代のハイハイだとか立ち上がるだとかは、

 

基本的に記憶に無いのでピンと来ないです。

 

 

その後の、自転車に乗れるようになった体験だとか、

逆上がりが出来るようになった体験だとかは思い出せます。

 

 

思い出してみると、あの瞬間って不思議ですよねぇ。

いきなり出来るようになっているんですから。

 

いわゆる成功体験ってやつです。

どんなに些細な事でも成功は成功です。

 

 

一回チャレンジするごとに目盛が一個ずつ増えていき、

合格点に達しているような気さえします。

 

(例えば、80点が合格点だとした場合、

79点では出来ないのに、80点になった途端出来る。)

 

 

ゴールドラッシュのあと1メートルの話と似てますね。

(脱線するので内容は割愛)

 

 

 

成功体験は大人になってからでも

思い浮かべてみれば、たくさんあると思います。

 

 

何が思い浮かびますか?

 

 

私の場合、

ギターで「Fのコードが鳴らないー、指が痛いー」

 

だったのが、ある瞬間鳴るし、すぐ押さえられるようになった。

 

エレキギターで、

「チョーキングが出来ないー、指が痛いー」

だったのが、ある瞬間チュイーンと出来た。

 

 

ボウリングで曲がる球が投げたい

と練習するものの全然曲がらない。

けど、練習し続けていたらある日突然グインと曲がった。

 

 

モンハンで、ドスジャギィにすら勝てなかったのに

いつしかシャガルマガラのギルクエLv100を回していた。笑

 

 

とか。

 

全然ピンと来ない方は

ご自身の成功体験に置き換えてくださいね!笑

 

 

 

サイトアフィリだったら、

アクセス来ない、当然報酬も無い。

⇒アクセスが来るブログ・サイトの割合が増えてきた。

⇒報酬を生んでくれるブログ・サイトが増えてきた。

 

で、その中からドカンと稼ぐサイトが出てきた!

 

 

みたいな。

 

 

 

ポイントはこのドカンと稼ぐサイトって、

 

量をこなしている内に質が高まってきて

一定水準に達した中のどれかが当たった。
 

こんな感じなんです。

 

 

だからヘタでも、とにかく動くのが大事!

っていうところに着地します。

 

 

 

結構有名なギタリストで

寺内タケシさんって方がいらっしゃいますが、

(↑の例えでギターを出したのでその流れです。笑)

 

昔、テレビ番組で(いつみても波瀾万丈だったかな)

言っていた格言めいた言葉が記憶に残っています。

 

「ギターは弾かなきゃ音が出ない」

 

 

 

文字面だけで見たら

「いや当たり前でしょw」

ってなりそうなんですが、

 

要は「とにかく動こうぜ!」って事だと。

 

 

 

お盆連休明けで、

「なかなかエンジンかからない。。。」

「アイドリングで一日終わるんだけど。。。」

 

って場合は、コチラ読んでみてください。

 

一瞬で「やる気」を起こさせる5つの方法

 

短くて読みやすい割に、

かなり効果的なことが書いてあります。