絞り込んでガッツリ取り組む。

これが結果に対してすごい有効だと思っているんですが、

アフィリだと忘れがちになりやすい部分もあります。

 

 

例えば、サイトアフィリの場合。

扱える案件ってものすごくたくさんあります。

 

報酬の額も違いますし、個人個人趣味趣向がありますので、

書きやすいジャンル、興味を持って書けるジャンルもさまざま。

 

そこに来て、あれもこれもやってしまうと、

色々中途半端になってしまいやすいものです。

(シッカリとした計画があれば別です。)

 

 

 

私の大好きなモンハンで例えてみます。(笑)

 

「初心者には大剣がおすすめだから、大剣しよう!」

「でも、遠距離もやりたいからヘビィボウガンもやろうっと!」

 

モンハンでは、モンスターの素材を集めて武器や防具を加工します。

さらに、大剣(近接タイプ)とヘビィボウガン(遠距離タイプ)では、

武器が違うばかりか防具も違うので、使い回しが利きません。

 

(モンハンにはレベルという概念が無く、

操作するプレイヤーの腕、装備品の品質で難易度が変わってきます。)

 

両方取り組むから、慣れるまでにも時間がかかる。

装備品の素材集めも倍の時間がかかる。

強くなるまで時間が倍かかりますので、精神的に疲れてくる。

 

⇒結果、「つまらん、クソゲーだ!」となる。。。

(「アフィリは稼げない、詐欺だ」と置き換えられます。)

 

 

なのでこの場合、大剣を選択し集中して進めることで、

操作も慣れ、素材も集まり、より強力なモンスターとも戦えるようになります。

 

そこそこレベルにまで成長すると、最初とは見え方が全然変わっていますので、

その状態で新しい武器に取り組む場合、成長スピードが格段に早いです。

(操作方法は全然違っても、原理原則的な部分は同じということが分かっているため)

 

 

 

こう置き換えられると思うんですよね。

 

 

モンハンでは当たり前のことでも、アフィリになると見えにくくなる

こういった事例は他に色々ありますよね。

なので、自分が分かりやすい話に置き換えて考えるクセも割と重要です。

 

本質的な部分は大体おんなじだと思うので。

 

 

 

 

 

私の周りのアフィリエイターを見ても、

万遍なく色々やりながら早い段階で大きな結果につなげている方って少ないです。

(そこまで人脈広くないんですが 笑)

 

大概、選択と集中で一つのジャンルで結果をだし、

その方法を応用しつつ、別ジャンルでも展開していくというパターンが多いです。

 

もし、絞り込んで集中的に取り組んだけれど、イマイチの結果だった場合、

  • 自分に向いていないジャンルだった
  • ノウハウを正しく実践できていない

などの問題点も見えてくるので、失敗は無いと思っています。

 

 

 

まとめ

 

  • 選択と集中で結果を出す方は多い
  • その方法を応用して、次のジャンルに取り組むパターン
  • 結果が思わしくなくても、何かしらの問題点が見えるので失敗はない(=修正すればいい)

 

という感じです。

 

参考になれば幸いです。