昨日の記事では、

量質転化の法則についてお話しました。

 

ざっくりまとめると、

 

数は質を凌駕するし、たくさんこなしてる内に

経験値が貯まっていき、質も変化している。

 

だからビシバシ動きましょう!

 

と、こんな感じの内容でした。

 

 

で、本日はですね、

数のスゴさ、メリット的な部分をちょいと。

昨日の記事の成功体験のくだりで、

 

─────────────────────

サイトアフィリだったら、

アクセス来ない、当然報酬も無い。

⇒アクセスが来るブログ・サイトの割合が増えてきた。

⇒報酬を生んでくれるブログ・サイトが増えてきた。

 

で、その中からドカンと稼ぐサイトが出てきた!

みたいな。

 

ポイントはこのドカンと稼ぐサイトって、

量をこなしている内に質が高まってきて

一定水準に達した中のどれかが当たった。

 

こんな感じなんです。

─────────────────────

 

って話をしましたが、

 

「一定水準に達した中のどれかが当たった。」

っていう部分が割と重要です。

 

 

これを起こすためには、

同じジャンル内、同じ案件、同じキーワードで

サイトをいくつも作っておくのがポイントです。

 

同じキーワードのサイトを例えば20個とか作っておくと

その内の幾つかが当たる可能性がかなり高くなります。

 

※やみくもなキーワードではなく、

たくさん作っている段階で拾った報酬につながるキーワード。

 

 

同じキーワードでいくつも作る

 

って概念があまり無い方も少なくありませんが、

(私もそうでした。)

 

ここでも数のメリットがあります。

 

 

稼げるキーワード(もしくは見込みのあるキーワード)で、

検索結果の1位~10位まで自分のサイトだったらどうでしょう??

 

 

ウハウハですよね!笑

小躍りしちゃいます。

 

 

このあたりの感覚って、

ビジネス経験がある方が有利なんですよね。

 

人気店は他店舗展開しますし。

 

 

 

「1位~10位まで自分のサイトで占める」

というのは理想論に近い話ですが、

 

以前、稼げるキーワードの2位・3位・4位が

自分のサイトだったことがあります。

 

よし!もう一息だ!

 

と思った矢先、全部まとめて吹っ飛んで行きましたよ。。。

 

 

でもその後、

別のサイトが上がってきてくれて、一安心。

という事がありました。

 

 

これも結局、数のメリットなんですよね。

1サイトしか作っていたらありえなかった話です。

 

 

 

SEOにしてもロングテールにしても、数。

サイト数なのか記事数なのか文字数なのか。

この差です。

 

 

質を高めていく確実な手段として、量をこなす。

(量質転化の法則)

 

なので、数という王様に仕える気分で、

サクサクっとやってみるといいと思っています。

 

 

 

忘れちゃいけない注意点があります。

 

それは「トライ&エラー」です。

作りっぱなしでは経験値がアップしませんので、

試行錯誤は必須です。

 

間違ったやり方を数繰り返してしまうと、

変なクセが染み付いてしまい、修正に時間がかかります。

(かなり大幅なロスとなります。)

 

なので、

『軸としている商材(ノウハウ)を定期的に見直す』

がベターです。

 

もし軸となるノウハウがなく、

誰かに習っている訳でもないという場合は、ご連絡ください。

 

 

 

編集後記

 

小学1年生の時の同級生に

「オオノマサカズ」君という子がいました。

 

彼はものすごく算数が得意だったんですね。

数字に強い子供です。

 

で、面白いことに彼の名前を入れ替えると・・・

「カズノオオサマ」(数の王様)

になるんですよ。

 

キングカズは一人じゃない!笑

 

厳密にいえば、王様はオウサマなのでチョット違いますが

子供ながらに感動したのを覚えています。

 

そんな彼が今、何をしているかは不明ですが、

数学者か会計士か税理士あたりをしているかもしれません。笑

 

※書いててネタっぽい感じが自分でもしてしまいますが、

これは実話です。ザ・ノンフィクションです。

 

 

次回予告

 

「労力を増やさず、報酬を倍加させる裏ワザ」

をご紹介します!